病院でインフルエンザの診断を受ければ必ず薬が処方されます。以前まではタミフルが殆どでしたが、現在ではリレンザが処方されることも多くなっています。どの薬が処方されるかは患者の状況により様々です。それらの薬のメリットやデメリットなどについて紹介していきます。

  • ホーム
  • インフルエンザだけでなく気を付けるべきノロウイルス

インフルエンザだけでなく気を付けるべきノロウイルス

近年において食中毒の問題がニュースとなることが多くなっていますが、これから秋から冬にかけてインフルエンザウイルスと共に注意したいのがノロウイルスです。
ノロウイルスは山に生息するウイルスの一種で、山から流れる水と一緒に海に流れ着くと植物性プランクトンと一緒に魚介類に食べられることで感染します。
感染経路は主に二種類であり、一つ目は感染した魚介類を生で食べることによって感染します。

二つ目は完成した貝殻を畑などに捨てることによって土に広がり、その土に広がったウイルスを風と一緒に舞うことで吸い込んでしまい感染します。
ノロウイルスの厄介なところは、インフルエンザウイルスと同様に強い感染力を発揮するところです。
通常ウイルスは宿主がいないところでは生きていけない弱い生き物なのですが、ノロウイルスの場合は元々土の中にいる微生物なので宿主がいなくても数日は生きていけます。

その生命力の強さによって、一度感染した後も死滅せずに嘔吐物の中で生き続けてしまいその嘔吐物に触れたもしくは空気中に拡散したウイルスを吸引することで感染が広がってしまうのです。
ノロウイルスに感染すると強い腹痛と下痢が数日間続きます。
そのため抵抗力が弱い子供やお年寄りでは重症化するケースがあり、仮に抵抗力が備わっている成人でも強い脱水症状を引き起こすことになるので注意が必要です。
ノロウイルスの流行前には事前に感染しないための対処法を知っておくことが大事です。

感染しないための対処法とは、感染経路は感染した魚介類を生で食べることです。
もちろん日本の食文化は生で食べる文化ですが二枚貝を食べるときには極力生は避けて80度以上で加熱して食べることで菌は死滅して安全に食べることができます。

しかし空気中に漂う菌を吸い込んでしまうリスクは完全に防ぐことはできないので、流行前になったら必ず手洗いうがいを行い菌が繁殖する前に体の中から排出してしまう事が大事です。
そして感染した人が嘔吐した時には、必ず熱湯では殺菌できないので塩素系の洗剤で消毒することで感染を抑えられます。
これらの予備知識を流行前に知っておくことで感染するリスクを減らせます。

身近な食中毒アニサキスが恐ろしい

インフルエンザウイルスやノロウイルスは秋から冬の乾燥した時期に増えますが、基本的に食中毒はウイルス以外でも起こるので1年中注意しなければならないことです。
そのウイルス以外の食中毒の中で、近年話題に上ることが多くなったのがアニサキスです。

アニサキスは海の中にいる微生物の一種で、魚がプランクトンと一緒に食べることで感染します。
感染したアニサキスは魚の内臓内で成長し、その後魚が息絶えて内臓の機能が弱ると身のほうに移動します。
その身のほうに感染した魚を、人間が生で食べることによって感染します。

アニサキスに感染すると、アニサキスは胃腸の壁に取り付いて酵素を分泌して身を守りながら胃腸の壁をかみ砕きます。
そのため感染すると強い腹痛だけでなく排出するまでは何度も血液を含んだ嘔吐や下痢を何度も行ってしまいます。
アニサキスはウイルスではなく微生物であるため、実は感染した魚の身の表面や皮の間をみると白いひも状のような生き物がいることに肉眼で気づけます。

そして肉眼で見て発見した時にはピンセットで取り除くことで感染は防ぐことができます。
ただし身や皮の表面ではなく奥のほうにいる場合には肉眼で発見するのが難しいです。
そのためアニサキスの感染を防ぐためには調理する前の準備が欠かせないです。

アニサキスは寄生虫であるため高温だったり氷点下に近い温度では生きていけないです。
そのため生魚を食べるときには冷凍してルイベにしてから食べるか、生のまま皮を上にして熱湯をかける湯引きをしてから氷水で冷やす調理法をすることによってアニサキスを死滅させることができます。
そして調理後の包丁やまな板にもアニサキスがいる場合があるので、生魚を調理した後はすぐに熱湯で洗い流して殺菌するとよいです。