病院でインフルエンザの診断を受ければ必ず薬が処方されます。以前まではタミフルが殆どでしたが、現在ではリレンザが処方されることも多くなっています。どの薬が処方されるかは患者の状況により様々です。それらの薬のメリットやデメリットなどについて紹介していきます。

記事一覧

インフルエンザの薬には服用薬や吸入薬など、いくつか種類がありますが、その中の代表格ともいえる物にタミ...

毎年冬になるとインフルエンザが流行して、多くの人が発症します。 インフルエンザに罹ると普通の風邪より...

リレンザはインフルエンザA型とB型の両方に効果があり、多数の患者に有効なインフルエンザ治療薬の1つで...

インフルエンザの典型的な症状は、突然高い熱が出ることや、鼻水、喉の痛み、咳、関節痛などの全身的な症状...

薬と葉

リレンザはA型又はB型インフルエンザウイルス感染症の治療及びその予防を目的に作られた吸引タイプの薬で...

患者を診ている男性

リレンザは、専用の吸入器を用いて吸入薬を吸入します。 しかし、こどもが小さい場合は吸入の仕方が理解で...

患者を診ている女性の医者

インフルエンザの治療薬には5種類あり、種類によって用法などに違いがあります。 オセルタミビルリン酸塩...

薬を飲んでいる女性

冬になると毎年気になるのが、インフルエンザの発症状況です、日本では例年数百万人から1000万人がイン...